オルメテックの有効成分はオルメサルタンという名前で、アンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)という分類に属している高血圧症治療薬です。オルメテックは副腎皮質のAT1受容体でアンジオテンシンと競合し、その機能を阻害します。そうすることで副腎皮質球状層からのアルドステロンの分泌を抑え、血圧を下げる効果を発揮します。オルメテックは比較的副作用発生頻度も少なく、多剤との併用も特に問題にならない薬なので安心して使用できます。オルメテックの添付文書においても65歳以上の高齢者でも副作用発現頻度に変化が見られないと明記されており、高齢者の服用も問題にならない薬です。
ED薬との併用に関してですが、ED薬は日本では現在主に、バイアグラ、レビトラ、シアリスが使用されています。しかしいずれの薬ともオルメテックは薬物間相互作用を起こすことはありません。高血圧治療薬の中ではカルシウム拮抗薬がED薬との相互作用を示します。しかしながらED薬との併用で低血圧となるリスクはあります。なぜならED薬も血管拡張作用があり血圧を下げるからです。ED薬と併用時にめまい、ふらつき等があれば主治医に相談しましょう。
また妊娠性高血圧症に関してですが、妊娠性高血圧症は何らかの原因で妊娠中期以降に高血圧、蛋白尿、浮腫などの症状が現れることをいいます。原因はまだ解明されていませんが、胎盤の形態的異常が原因ではないかとの説が有力となっています。この妊娠性高血圧症の血圧是正にオルメテックは使用できません。オルメテックは妊娠中期以降の服用は禁忌とされています。なぜならこの薬によって、羊水量が減少するとの報告があり、死産にもつながる可能性があるからです。